2016年09月28日

なかなか下がらない血圧が発酵黒豆エキスでやっと下がった

便秘と下痢が交互にやってくる

私はもともと血圧が高く、いつも主治医から「もっとしっかり血圧を管理してください」といわれていました。いつ、脳梗塞や心筋梗塞が起きてもおかしくないですよ!と脅されていました。

うちの家系はみんな高血圧を患っており、そのことを医師は知っていて警告してくれていたのです。しかし、自分では努力しているつもりでも、なかなか血圧が下がりませんでした。しょっぱいものはほとんど口にしなかったのにやっぱり血圧が下がりませんでした。

あるとき、近所の農協に置いてあった血流測定器で測ってみると、私の血液はドロドロであることがわかりました。血液がドロドロしているといっても特別自覚症状があるわけではないので注意のしようがありまえん。それにドロドロの血液をさらさらにする方法も模索していました。

それに焦った私は、それからというもの、血液をサラサラにする食品を探し続けました。その末に出会ったのが、「発酵黒豆ドリンク」だったのです。さわやかな黒酢の味と黒豆の甘味がほんのり感じる無添加ドリンクです。

このドリンクを朝、起きてすぐに、専用カップ(約20〜30CC)に注いで飲むようにしました。

すると、徐々に血圧が下がり始めたのです。味はとてもおいしく飲みやすかったので続けるのも難しくはありまありませんでした。

前月の検査のときには、最大血圧が157 mmHGで、最小血圧が74 mmHGでした。それが月を追うごとに下がっていき、同じ年の7月の検査ではそれぞれ139/74 mmHGという基準値内の数値になったのです。

さらに、7月には最大血圧が100 mmHG、最小血圧が65 mmHGという、これまででベストな数値も記録。おかlげで、医師から「降圧剤は減らしていきましょう!」と、うれしい言葉をもらうことができました。
降圧剤は、飲んで30分くらいすると、めまいがしてとてもイヤでしたので薬がやめられてとても嬉しいです。また、服用して半日は血圧も下がっているのですが、午後になるともう上がっていました。

ところで、発酵黒豆ドリンクは、体重管理にも役立っています。これを飲むようになってから、体の新陳代謝がよくなったようで、よく汗をかくようになりました。それとともに、体重が簡単に減るようになったのです。

前は、食べすぎると、すぐに体重が増加し、特に冬場は、毎年3〜5 kgはふえていました。それが、発酵黒豆ドリンクを飲み始めた冬は、全く体重がふえなかったのです。

発酵黒豆ドリンクは、血圧だけでなく私は、胃腸が弱く以前は便秘と下痢をくり返していましたが、これを飲み始めてからは、その症状が1ヶ月ほどで治ってしまいました。また、ガスがたまっておなかが張ることもなくなりとても嬉しいです。
血圧だけでなく腸も快調になって本当に感謝です。
【発酵黒豆ドリンクの紹介の最新記事】
posted by 発酵黒豆ドリンク at 13:26 | Comment(0) | 発酵黒豆ドリンクの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: